〒364-0035 北本市西高尾3167ヒライビル101 TEL/FAX 048-592-2814

1月号 「新しい年の初めに」

1月号 「新しい年の初めに」

このエントリーをはてなブックマークに追加

明けましておめでとうございます。旧年中は会の活動にいろいろとご参加、ご協力くださいましてありがとうございます。

昨年は、会のスタッフとして若い上野はるかさんを迎え、様々な面で前進のあった一年となりました。若い女性スタッフがいつもいることで、女性参加者の山旅での安心感が増して来ましたし、山旅が一層明るいものになって来たように思います。目標に置いていた若者を会員や参加者として迎え入れようという課題でも、10数名の新会員を迎えるなど、一定の前進をいたしました。予想していたこととはいえ、若者を迎え入れることはそんなに簡単ではないことを痛感しましたが、会の発展のためにここは避けて通れない問題ですので、今年もあきらめることなく少しずつでも前進させていきたいと思っています。

さて、また輝ける新しい一年が始まります。今年の第一の目標は、この会の魅力を広く地域の皆さんに伝え、共に楽しむ仲間を一層広げていくことにおきたいと思います。次代を担う若者たちを会に迎え入れることが大切なのはもちろんのこととして、仕事や子育てが一段落した50代後半から60代の皆さんを仲間に迎え入れる活動もとても大切です。また、健康上の理由や安全上の理由で、登山ツアーの会社から参加に制限のかかり始める70代の皆さんにも、「80歳まで元気に山に登ろう」を合言葉に、広く入会を呼びかけていきます。そして、若者から高齢者まで各人の体力・技術・健康に見合った様々な山旅が企画立案され、山を愛するすべての皆さんが楽しく集える会として、エネルギッシュな活動を展開していけたらと思っています。

第二の目標は、この会に集う様々な会員の皆さんの要望に応えるために、山の企画をより一層充実させることです。この何年か取り組んでいる全国の百名山を巡る旅も、北海道の幌尻岳やトムラウシ、伯耆大山、南アルプス・聖岳、光岳など、またまだ残っている所があります。雲の平・水晶岳などの北アルプスの山々、鳥海山・栗駒山などの東北の山々、甲斐駒・仙丈、塩見岳など南アルプスの山々など、何年か前に企画のあった山にもたくさんの希望が寄せられています。男体山や至仏山、武尊山などの関東周辺の日帰りで行ける百名山も、新しく入会した方たちや以前企画された時には行けなかったという皆さんから「再度企画して」との声が寄せられています。そして、「泊まりはできないし、体力もなくなって来たので、もっとらくらくの日帰り山旅を企画して」との切実な声も伺っています。この1,2月には、会員の皆さんからの声を伺いながら、具体的な山行計画を立てていきますので、楽しみにしていてください。

第三は、ヨガや室内クライミング、スポーツ吹き矢といったスポーツ教室の参加者を増やしていくことです。今年は、昨年から月1回開催していた笠井トレーナーによる「トレーニング教室」を月1回定期化して開催する予定です。「ちょっとやってみたいが、なかなかきっかけがなくって」との声もよく伺います。目にとまるチラシやパンフレットを作り、会員やその知人、また広く地域の皆さんにお知らせするとともに、気軽にちょっと体験できる体験会を開催し、参加される方が少しでも増えていくよう努力していきます。

第四は、クラブハウスを会員交流の基地として、また地域に開かれたコミュニティカフェとして、より多くの皆さんの集う場にしていくことです。昨年は昼の営業で水曜日や木曜日が増えたり、金曜日に「北本トマトカレー」を提供したりで、少しずつ活動の輪が広がってきています。夜の活動では、第3金曜日の「うたごえ」に、毎月楽しみにしているたくさんの常連さんが集まり、いつも賑わっています。虹発送後の月例懇親会も多くの皆さんの参加で交流の輪が広がっています。今年は、皆さんの関心の高い健康、老後、若者の生き方などをテーマとしたミニ講座の開設も随時計画していきたいと考えています。

さあ、希望に満ちた1年の幕開けです。私をはじめスタッフ一同、今年が充実した1年となるよう全力で頑張っていきますので、どうぞお力添えくださいますようよろしくお願い申し上げます。

上野司

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です