〒364-0035 北本市西高尾3167ヒライビル101 TEL/FAX 048-592-2814

冒険教室
このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもたちに、わくわくドキドキの野外体験をしてもらうことを目的に運営されています。内容は、 軽いウォーキング・ハイキングから夏のキャンブ、冬休みと春休みのスキー教室、そしてサイクリングやクライミングなど様々です。どれも、野外で体を動かす楽しさを味わってもらうことを主眼にしていますので、楽しいこと間違いなしです。また、春と秋には、障害を持った子どもたちと健常の子どもたちとの交流ハイキングを開催しています。

 


これまでの冒険教室

1988 北本から尾瀬まで長距離サイクリング(過去10回実施)
1989 荒川を河口から源流まで6日間かけて、自転車と徒歩で遡る

1990 奥日光クロスカントリー大会に参加
1991 北蓼科に本格的ログハウスを建てる
1992 北本から那須まで長距離サイクリング
1993 千曲川をカヌーで下る           
1994 八ヶ岳を大縦走する
1995 北アルプス大縦走
1996 北アルプス・劒岳に全員登頂する
1997 世界自然遺産・白神山地追良瀬川源流を探検する
1998 日本第2の高峰、北岳(3192m.)に登頂する

2001 北海道自然教室78日の大キャンプ (釧路湿原、知床半島、大雪山、富良野、札幌)
2002 四国自然教室 78日の大キャンプ (しまなみ海道、石鎚山、カヌー、ホエールウォッチング)
2003 東北自然教室 45日の大キャンプ (栗駒山登山、男鹿半島周遊)
2004 富士・伊豆自然教室 45日の大キャンプ (富士登山、シュノーケリング)
2005 北海道自然教室 利尻・礼文、空知川ラフティング
2006 福島・山のキャンプ 安達太良山登頂
2007 自転車で日本列島を横断゙(東京湾~日本海直江津)
2008 自転車で日本列島を縦断第1回(北本市~宮城県仙台市)
2009 自転車で日本列島を縦断第2回(仙台市~青森県青森市)
2010 自転車で北海道を縦断(函館~稚内宗谷岬)


次回の冒険教室

2016/6/18 障がい児と健常児の交流ハイキング

障がい児と健常児の交流ハイキング
三頭大滝

奥多摩、秋川流域の最高峰・三頭山に、三頭大滝という落差30mの大滝があります。今回の交流ハイキングは、檜のチップが敷き詰められた都民の森遊歩道を通って、この大滝を目指します。帰りに立ち寄る温泉も楽しみですね。いろいろな子どもたちが交流しながら山歩きを楽しむこのイベント、今年もどうぞ奮ってご参加ください。

 

★日時   6月18日(土)

★集合   午前7:00  北本市役所駐車場(文化センター側)

★午後   午後6:00  同 上

★交通手段 貸切中型バス

★参加費   6000円

(参加費には、交通費、入浴料、保険料、運営費が含まれています)
★持ち物  お弁当、水筒、雨具、おやつ、手袋、帽子、その他必要と思うもの(常備薬など)、着替え一式

 

2014冒険教室

12月29、30日 冬のスキー教室

冬のスキー教室

今回のゲレンデはエコーバレースキー場でした。長野県中部・白樺湖の近くにあるこのスキー場は雪質の良さとコースの多彩さで有名です。子どもたちも若者も年配者も、共にフィンランド製ログハウス・蓼科山荘に1泊し、のんびりスキー&スノーボードを楽しみました。

下は3歳から、上は65歳?まで、幅広い年代の参加者総勢26名でスキーへ行きました。若者、子どもはスノーボーダーが多く、今回はじめてスノーボードに挑戦した子もいました。2本の足で滑るスキー以上に、両足が1本の板に固定されるスノーボードは転んだダメージが大きいと思います。スノボはじめての2人は、見ていてかわいそうになるほど大転倒を繰り返しているのですが、へこたれず滑り続けます。やはり子どもは体が柔らかいのか、大転倒したように見えてもすぐ復活。ちょっと無茶しても壊れない体を持っていることは、新しいスポーツ習得・上達への特急券を持っているようなものだとつくづく感じました。

10月4、5日 障害児交流ハイキング 

赤とんぼが舞う秋の棚田で稲刈り、はせかけを楽しもう!

IMGP8030

10月4日 北本-東北自動車道-二本松IC-東和地区 菅野さんの田んぼで農業体験(稲刈り、はせかけ)—木幡山神社 宿坊泊(BBQ、花火、カラオケ、その他)

10月5日 宿坊-木幡山ハイキング-東和道の駅(昼食・買い物)-北本

 

★今回も心から楽しい時間を過ごすことができました。加えて、「はせかけ」でお世話になった農家の方からお話を伺うことができて「ふくしま」を今まで以上に知ることができ、深刻な問題について考えさせられました。これからも考えていかなければ・・・と思っています。

障害を持つ息子はよく食べよく眠り、山歩きにもチャレンジ、初めての「ちょうちん祭り」も経験させて頂き、またたくさんの思い出をつくることができたと思います。スタッフの方々、本当にありがとうございました。

IMGP8024

★・提灯まつりにいってたのしかった。

・とまりでカラオケをうたいました。

・たんぼのしごとをはたらいてがんばりました。

・ふくしまにいってきました。

ふくしまにははじめてです。(バーベキューのおてつだいをやりました。)ぼくのケイタイで提灯まつりをとっていました。またこんどはとまりたいです。

IMGP8027

★貴重な農業体験、それなりに光哉も参加できて嬉しかったです。娘にとっても3.11後の放射能の農業への影響、そして農家の生の声をきかせていただき、何か心に響いたと思います。すてきな舞台を用意していただいておいしいBBQ、ちょうちんまつり、ちょっぴりハードなハイキング、どれも皆楽しかったです。

息子も宿泊は二回目、今回はより落ち着いて参加できたように思います。協力して下さった方々、スタッフに感謝申し上げます。ありがとうございました。

IMGP8045

★武藤さんをはじめふるさとの皆様の気配りに心安らぐ2日間でした。

のんびりと坂道を楽しみ、眼下に広がる棚田に向かって「ヤッホー!ヤッホー‼」の連発。自らはせかけ仕事して体を動かす子どもたちの、解き放たれた、自由を満喫する気持ちを目の当たりにしました。受容されて、自由に一人ひとりが存在することの尊さを学ぶことができました。

また、こんなにも美しい風景が放射能で汚されたことに絶望しながら、立ち向かっていらっしゃる皆さんに本当に大切なものを頂きました。

2014年6月14日 障害児と健常児の交流ハイキング

障害児と健常児の交流ハイキング

「竜頭の滝と光徳牧場」

IMGP74351

★今回のとても楽しい交流ハイキングに参加でき今帰路のバスの中でとても満足を感じています。いつものに会えるとまるで実家に帰ったような安心感、障害を 持つ息子もハイキングや温泉、バスの中でのゲームやカラオケを心ゆくまで楽しんでおりました。

 このあたたかさを心のエネルギーにしてまた明日からの自分の生活を前向きに過ごしたいと母は思います。息子もきっときっと…。

★わたすげをみたよ。あれは ほんとのわたじゃないから ざぶとんはつくれないんだよ。でも ちょうちょが おひるねするかな。

2014年3月29.30日 春スキー

 

春スキーin尾瀬岩鞍

IMGP71841

★最初は不安だったスキーだったけど、やってみれば楽しいし最後の滑走では上野さんに勝ててよかったです。

春休みに楽しい思い出ができました。ありがとう

 

★2日間ありがとうございました。1日目は晴天でよく楽しめました。2日目は雨天で早めに帰ったけど午前中でたくさん遊べました。12月もまた行きたいです。ありがとうございました。

 

★スキーで前よりも上手になったと思えたのでよかったです。

 

★孫が小学生になったら冒険教室に参加してみたいと以前から思っていました。今回その希望が叶い多くの収穫があり満足感でいっぱいです。

私が思っていたように中学生のお兄さんたちが二日間の行動全部を弟のように親しみを持ち面倒を見てくれたことは、本当にうれしい限りでした。

中でも「おれらは12時半に寝たけど、最可は10時に寝かせたよ」との報告を受けた時は「ありがとう」の気持ちと同時に「あー見に行かなくてよかった」と思いました。それから、ゲームで負けそうになった時「リーダーが落ち込んでたから最可ががんばらなくちゃって思ったんだ。」の言葉を孫から聞いた時、目には見えない、いい勉強をさせてもらったと思いました。本当にありがとうございました。

スキーの方はと言えば、孫は二日目にはてっぺんから滑るなど上野さんのリードぶりにもびっくりでしたが、自信にもつながったと思います。45年ぶりにスキーをはいた私も、又参加したいなと思っています。

 

★はじめてスキーに行って、はじめてすべったとき、ころんだ回数が多かったけど、れんしゅうしていたらころんだ回数がへっていったのでよかったです。すべっている気持ちは、ころばないようにしていました。てっぺんに行った時は高いなと思いました。だけどすべれたのでうれしかったです。